FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腰はナシ。

こんにちは

亜樹だよ。

昨日も優吾とエッチしたんだけど…

優吾のこだわりでいつもとちょっと違う感じでした

一方的にわたしが恥ずかしかったというか…///

追記に書きますね…?



「今日は挿れない」

下着姿で抱き合ってたら、優吾がそう言った。

「なんで?」

わたしが訊いたら優吾がわたしのブラをずらして、おっぱいをきゅって揉んだの。

「ん…ッ///」

「腰を使わないで亜樹のことどれだけ気持ちよくさせられるかやりたいから」

「もう…///」

「始めるよ」

優吾が言って、本格的にわたしのおっぱいをいじり始めたんだ。

最初は全体的に揉みしだいて、それからだんだん一点に集中してくる。

優吾の指先がわたしのちょっと立った乳首をかりって引っ掻いて。

「あ…ッ」

それだけで身体がぴくってなった。

「亜樹ってホントに感度いいよね。自分でもそう思わない?」

優吾がわたしの胸をいじくりながら言って。

「ん…自分じゃわかんない///」

わたしはわたしでしかないし、他の女の子の濡れ場なんて見たことがないから、

他人と比べて自分がどう、って言うのはよくわかんなくて。

素直に答えたら、優吾が指に力をいれてきゅってわたしの乳首をつまんだ。

「あぁ…ッ///」

「俺には十分すぎるくらい感度いいよ」

「うー…///」

「可愛いよ」

「…うん///」

序盤から骨抜きにされて、わたしはどんどん優吾のされるがままになっていく。

優吾の顔がおっぱいに近づいて。

わたしのもう完全に固くなってる乳首を甘く嚙んだ。

「ひぁ…///」

自分でもよくわからない声が出ちゃった。

優吾におっぱいを触られると、気持ちいいんだけど、なんだかもどかしくて、くすぐったくて…

なんだかよくわからない気持ちになるんだ。

でもそれが良かったり(笑

「ん…ッあッ…///」

優吾がわたしの乳首をちゅって吸ったり、嚙んだり繰り返すうちに、

どんどん下の方が濡れてきちゃってるのが分かって。

優吾もなんとなく直感的にそれを感じたみたいで、右手でわたしのあそこをパンツの上から触った。

「や……///」

「濡れてるね」

「……うん」

「いじってほしい?」

「……///」

「どうなの?」

「……いじってほしい///」

「…可愛い」

優吾が指にぐっと力を入れて、パンツの上からわたしの入り口を押した。

「んんッ…!」

優吾の指が薄い布を隔ててわたしのあそこをすりすりとこすって。

「んッ…んッ」

優吾の指があそこの入り口をなぞっていく動きで、わたしの息は徐々に乱れていった。

どんどんと新しいエッチな汁がわたしから流れ出てきて、パンツのシミを広げてく。

「亜樹…脱がせるよ」

「うん…///」

優吾がわたしのパンツをゆっくりと下ろしていって。

膝まで降りたパンツからわたしは自分で脚を抜いた。

「脚、広げて?」

優吾が掛け布団を取り払って、わたしを布団に座らせる。

わたしは言うとおりに、うしろに手をついて、優吾の前で脚をひろげた。

でも優吾はイジワルで…

「もっと広げて…?よく見えない」

「恥ずかしい…///」

「広げてくれなきゃ続きしないよ」

「…うー///」

わたしはしぶしぶ、もっと脚を広げた。

もっと、とか言われたらとんでもないから、自分のできる精一杯を広げて、優吾を見る。

「これで…いい?///」

「うん。すごく可愛い」

優吾が笑って、そしてわたしのあそこに指を当てた。

「んッ……///」

くちゅって湿った音がして、少しずつ優吾の指がわたしの中に入ってくる。

「んぅ……あッ///」

入ってくる途中に優吾がときどき指を左右に動かしたりするから、

その度に身体がぴくってなった。

ついに優吾の指が根元までしっかり入って。

「亜樹…もう十分濡れてるね」

「……///」

「動かすからね?」

「うん……あッ!」

頷いた途端優吾の指がわたしの中で折れ曲がって、奥の敏感なところを突いた。

それだけでもう身体が急に熱くなって。

あそこからは新しいエッチな汁がとろとろ溢れ出して来て。

そして、優吾の指が本格的に動き出したの。

「あッ…んッんッ…んぁ///」

最初はゆっくりだったのに、だんだん指の速さが速くなってきて。

あそこからすごくいやらしい湿った音がおっきく響いて。

わたしはどんどん余裕をなくしていく。

「あッあッんッ…ゆうご…ダメ…ッ待って…あッんんッ///」

「何がダメなの?こんなに気持ち良さそうなのに」

「あッあッんぅッ…イジワルぅ…///あッあッ!」

優吾の指のスピードがどんどん速くなって。

「あぁッんんッ…出ちゃう…でちゃうッ…///」

「いいよ、出して」

「あッあッ…ふあぁッ///」

優吾の指の動きに合わせて、あそこからびゅっびゅってエッチな汁が吹き出してきて。

しかも昨日の優吾の優吾はすっごく上手くて…

いっぱい出てるのに全然止まらなくて。

「あぁッんッ…はずかし…い…あッあッんぁッ」

あそこからエッチなのを沢山出しながら、わたしはついに追い詰められて。

「あッ……ぁッ!///」

全身がびくびくってなって、わたしの中が優吾のゆびをぎゅうって締め付けた。

「潮吹きしながらイっちゃったね」

優吾がわたしから指を抜いて笑った。

「はぁッあッ…優吾…///」

「気持ちよかった?」

「はッ…んッ…うー…馬鹿///」

終わってすぐは息が全然整わなくて、喋るのも大変でした(笑

「気持ち良さそうでなにより」

優吾が嬉しそうに笑ってわたしのあそこを意味ありげにみたから、

わたしもつられて見たら、

「あ…///」

すごい量の白い汁がとろって出てて。

「俺が出したみたいな量でてるねぇ(笑)」

優吾が本当に嬉しそうに笑うから、わたしはただ赤面するしかできませんでした///

「じゃあ…最後に綺麗にしてあげる」

「え…?あッ……///」

優吾の顔がわたしの下腹部に近づいて。

ぺろってわたしから垂れた白いのを、わたしのあそこごと優吾がなめた。

掃除って言うなら一回でやめればいいのに、

優吾の舌は何回もわたしのあそこを往復して。

「んッ…んんッ…掃除って言ったじゃん///」

気持ちよさと一緒にやってくる恥ずかしさに耐えられなくて、

優吾のあたまをぽんと叩いて講義したら、優吾が頭を上げて、

「…掃除だけど?」

とか平然と言いやがった(笑

「そんなに舐めたら…新しいの出てきちゃう…///」

わたしが言い返したら、

むしろ逆効果だったみたいで。

「じゃあそれも掃除してあげるから(笑」

優吾が笑って、またわたしのあそこに口をつけた。

「んんッ///そういうことじゃ…あッ///」

優吾の舌があそこのわれめに割って入って来て、

「そこ……ダメ…ッ///」

一番敏感な突起をちょろちょろと舌の先で触ったの。

優吾の舌がわたしのクリトリスに触れる度にわたしの身体がぴくんって跳ねて。

優吾はその反応を楽しんでるみたいに、わたしの顔をちらちらと見ながら舌を遊ばせた。

「あぁッ…優吾ッ…ダメだってば///」

本格的にわたしのあそこが気持ちよさでぴくぴくし始めて、

わたしの身体も優吾のしてることを受け入れ始めてしまったようで。

「んんッんぁッ…ふぁ…///」

いつもは出ないような声で喘いじゃった

クリトリスをピンポイントで舐めてくるから、

そんなにわたしは長続きしなくて。

「もう…ダメ…優吾……あ……ッ///」

わたしは静かに絶頂を迎えて。

優吾が口をあそこから離すと、また白い汁がわたしからとろって出てきた。

優吾はそれをちゅって吸い取って、そして笑った。

「ちゃんと掃除したよ?」

「うん…///」


優吾が脚を閉じさせてくれて、そのあとぎゅーってしてくれた。

「気持ちよかった?」

「うん…すごく///」

「そっか。良かった」

「ありがと」

エッチの時は暴走気味だけど、落ち着くとすごく包容力があるんだよね、優吾って(笑

そういうところも好きなんだな(*´ェ`*)デレデレ


とにかく昨日はすごく気持ちよくしてもらえた夜でした


感想とかもらえると嬉しいですっ

じゃあ、また次の記事で会おうね?

















theme : 日記
genre : アダルト

tag : セックス

comment

管理者にだけ表示を許可する

ラブラブですね^^

彼氏さんが羨ましいですよ!

こんな可愛い人、抱けるなんて!!

ブログ更新しました http://love4all69.blog60.fc2.com/

宜しかったら、ご覧下さいね(⌒・⌒)

相性

亜樹さんの感じやすいのは前の記事からもなんとなく分かってはいたけれど、彼もそんな亜樹さんの姿にSっ気が出てきたみたいだねー(*'▽'*)
でも2人とも相性がいいからいっぱい楽しんでね♪
なんか2人が楽しそうで、こっちが欲求不満になりそう(´∀`;)

No title

「キャッ~v-238」 「キャッ~v-238」 「うん うん」

っていう感じで読んじゃいましたv-237

楽しみにしていますv-81

No title

エロ過ぎるよねぇi-233
興奮しちゃうi-237
これからもエッチな話いっぱい聞かせてねi-185

可愛らしいです

拝見していて、僕も亜樹さんの事を抱きたくなりました^^

こんな可愛い彼女さん、素敵ですv-411

ブログ更新しました http://lust501.blog27.fc2.com/

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ブログ更新しました

拝見してると、亜樹さんが可愛くて

昂奮しながらも、微笑んじゃいましたよv-410
11 | 2018/12 | 01
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

亜樹。

Author:亜樹。
20歳女子の亜樹(あき)だよ。
彼氏と同居中で、彼氏とは毎日エッチなことしてます///

人には言えない秘密を沢山持ってます。
このブログにちょっとずつ、そういう秘密を貯めていきたいと思ってるんだ。

趣味は、
本を読んだり、
音楽を聴きながらのんびりしたり、
ピアノを弾いたり、
彼氏と…エッチしたりすることかな///

リンク、ブロ友は常に募集しているよ。
わたしと少しでも仲良くしたいと思ってくれたら、是非気軽に絡んでねっ

記事にコメントとかくださるとその人になつきます(笑
コメントも気軽にお願いしますねっ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。